ニュース ライブスコア
FIFAワールドカップ欧州予選

最下位とスコアレスのフランス…グリエズマンは相手を称賛「アトレティコのようだった」

12:25 JST 2017/09/04
Antoine Griezmann France Luxembourg World Cup Qualifiers 03092017
3日間で2試合という日程に不満も…。

 フランス代表は、3日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選で、ルクセンブルクとスコアレスドローに終わった。FWアントワーヌ・グリエズマンは、最下位に沈むチームが「美しいパフォーマンスだった」ことを認めている。

フランスは、31日に行われたオランダ戦に4-0と快勝し、首位をキープ。良い状態を保ちながら、最下位ルクセンブルクをホームに迎えた。しかし、粘り強く守る相手に大苦戦。34本のシュートを放ちながら、最後までゴールをこじ開けることができず、無得点で引き分けに終わっている。

グリエズマンも前半にクロスバー直撃のFKを放っていたが、結局ネットを揺らすことはできなかった。試合後、同選手は『Canal+』に対し、ルクセンブルクのプレーは「美しかった」と述べ、自身の所属クラブであるアトレティコ・マドリーのようだったと語っている。

「3日間で2試合戦うのは難しいよ。特に、代表合流前最後の試合は、出場停止で出られなかったからね」と日程に不満を覗かせつつ、「僕らの前に11人の戦士が立ちはだかった。アトレティコを思い起こさせるような美しさがあったよ。だけど、僕らは戦い続ける」と、相手を称賛している。

引き分けたフランスは、勝ち点17で首位をキープしているが、同日の試合で2位スウェーデンが勝利したため、勝ち点差が1ポイントに縮まっている。