昨季引退のシャビ・アロンソ、第2のキャリアはやはり指導者の道へ

最終更新
コメント()
昨季バイエルンで現役を退いたシャビ・アロンソ。指導者の道へ進むことを明言した。

昨シーズン限りで現役を退いた元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、指導者としての道を歩み始めることを認めた。

アロンソは昨シーズンを最後にバイエルンで現役を引退。リヴァプール、レアル・マドリーと名門を渡り歩いた稀代のロングパサーは、ドイツを現役最後の地に選んでいる。

アロンソが第2のキャリアをどのようにするかはいまだ明言されていなかったが、25日に自身のInstagramで指導者の道へと進むことを明かした。

広告

「17年間プレーしてきて、キャリアの次のステップをどうするか決断した。私は指導者への道を進む。どこへ行くかもすぐに明らかになるだろう」

現役時代から、“ピッチ上の指揮官”として高い戦術眼を発揮してきたアロンソ。チャンピオンズリーグを2度、そしてワールドカップを1度制した同選手が、どのような監督キャリアを歩むか注目したいところだ。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
いざ覇権奪回へ!森保ジャパン、キルギスに4発圧勝で発足後無敗のままアジア杯へ
次の記事:
いざ覇権奪回へ!森保ジャパン、キルギスに4発圧勝で発足後無敗のままアジア杯へ
次の記事:
止めの大迫勇也、続けて中島翔哉!日本代表が3,4点目奪取で勝利決定づける
次の記事:
【速報】日本代表がFIFAランク90位キルギスを圧倒!山中の最速弾などでリードし後半へ
次の記事:
原口元気、FKで追加点!W杯ベルギー戦以来のゴールも苦笑い浮かべ
閉じる