昇格PO逃した松本、反町康治監督「ペットボトルを投げられてもおかしくない」

コメント()
J.LEAGUE
松本山雅FCの反町康治監督が、試合後の記者会見で、苦しい胸の内を語った。

松本山雅FCは19日の明治安田生命J2リーグ最終戦で京都サンガF.C.に0-1で敗れ、J1昇格プレーオフ進出を逃した。反町康治監督が今シーズンの戦いを振り返った。

「私の実力不足。強く責任を感じている」

試合後の記者会見に臨んだ反町監督の表情は曇っていた。勝てば無条件でプレーオフ進出が決まるアルウィンでの最終戦。松本サポーターの誰もが勝利を信じて戦ったものの、結果は0-1で敗戦。3試合勝利なしという不甲斐ない結果でシーズンを終えるとともに、目標としていたJ1昇格の可能性も消滅した。

「失点の場面も“あっさり失点病”ってシーズン途中に言いましたけども、まさにそれを象徴するかのような失点だった」と皮肉を込めて最終戦を振り返った反町監督は、この京都戦が「今シーズンを振り返るに値するものだった」と語る。「見ていただいてもわかるように、色んな意味で厳しいシーズンだった」と認めつつ、「本当に死力を尽くした結果なので、受け入れないといけない」と残酷な現実を直視した。

来シーズンの去就について質問が飛ぶと「全くそういうことは考えていなかった。それはクラブが判断すること。なんともコメントできない」と言及するに止まった。

サポーターへは「罵声を浴びてもおかしくないところを、感謝の気持ちと頑張ってくれというのを聞いて、逆にすごく辛い」とやりきれない気持ちを吐露した反町監督。「本来はペットボトルを投げられてもおかしくない成績だし、むしろ、辞めろと言われたほうが辞めやすいと思う」と、現在の苦しい胸の内を辛辣に語っていた。

あと一歩でつかみかけたJ1復帰のチャンスを逃した代償はどれほど大きいものか。指揮官の表情と一つひとつの言葉に全てが集約されている。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
大迫所属ブレーメン、さらにアジア人選手を狙う?アジア杯視察中のSD「詳細明かせない」
次の記事:
チェルシーやリヴァプールでプレーした元イングランド代表DFグレン・ジョンソンが現役引退 「僕がやってきたことには、とても誇りをもっている」
次の記事:
耐え忍んだサウジ戦をベンチから見た乾貴士「この勝ちは大きいと思う」
次の記事:
塩谷司、準々決勝から導入のVARについて「上手く利用するずる賢さも大事」
次の記事:
長谷部誠に指揮官からの絶賛の言葉…「ケガするまでの2カ月半、ミスを1度も見なかった」
閉じる