日本代表FW小林悠、2試合連続弾も試合展開を反省「ちょっと重たかった」

コメント()
Getty Images
日本代表はE-1選手権最終戦で韓国代表と対戦し1-4で敗れた。試合後、小林悠がフラッシュインタビューに応じた。

EAFF E-1サッカー選手権第3戦が16日に味の素スタジアムで行われ、日本代表は韓国代表に1-4で敗れ、2大会ぶりの優勝を逃した。試合後、小林悠(川崎フロンターレ)がフラッシュインタビューに応じた。

「まず後ろが重たかった。ディフェンスのときに余ってる選手もいたし、後ろから前に押し出せればよかったと思いますけど、ちょっと重たかった」

「(韓国の最終ラインの)3枚くらいを自分が1人で追ってる感じだったので、もうちょっと上手く前に押し出して守備できれば攻撃につなげられたかなと思う」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる