日本代表DF昌子源、負傷離脱中の森重に「偉大な人。今までの貢献を忘れてほしくない」

コメント()
(C)Getty Images
日本代表DF昌子源が、負傷離脱中のFC東京DF森重真人の名前を挙げ、リスペクトを示した。

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 第9戦が31日に行われ、日本代表は埼玉スタジアム2002でグループB3位のオーストラリア代表と対戦した。日本は浅野拓磨、井手口陽介のゴールで2-0でオーストラリアを下し、ロシアW杯出場権を獲得。6大会連続となる、本大会への切符を勝ち取った。

試合後、オーストラリア代表を相手に無失点を達成した日本代表DF昌子源が、若手の活躍に対する喜びと、先人へのリスペクトを語った。

W杯出場を決めた感想を聞かれて「フワフワしています」と、まだ実感のない様子の昌子。センターバックとしてオーストラリア代表を無失点に抑えたが、「オーストラリアがゴールキックからつないできたので、僕らより前めの選手たちが頑張ってくれた。(吉田)麻也くんとか(川島)永嗣くんの存在もデカかった」と謙遜する。

ディフェンスラインの連携について問うと「麻也くんとは、もうずっと喋ってました。試合中も。もちろん僕は(長友)佑都くんにも喋ってましたし、ハセさん(長谷部誠)にも喋ってた。だから声の部分ですごい解決できた」と答え、イラク代表戦から連携が向上したとの考えを示した。

今回の試合では、本田圭佑と香川真司が控えに回り、代わりに出場した浅野と井手口がゴールを決めた。「偉大な2人がいない中で、拓磨と陽介が結果を出したことは、日本にとって良いこと」と話す昌子。ディフェンスラインでは、昌子が世代交代の旗手となっている。そのことを指摘すると「これまでは森重(真人/FC東京)くんが守って、ここまで導いてくれた。僕の中では森重くんは偉大な人」と、負傷離脱中の森重の名前を挙げた。

昌子は「モリくん(森重)の今までの貢献度を国民のみなさんには忘れてほしくはない」と続けると、さらに「僕がモリくんの肩を持ったら、モリくんにとって、それは嫌かもしれないので、僕からは言いづらいですが、モリくんはすごい偉大な人。モリくんに恥じぬ結果を残せたことは良かった」と語り、森重に対する強烈なリスペクトを示した。

閉じる