日本代表、6大会連続のW杯出場決定!浅野・井手口のゴールで豪州との激戦を制す

コメント()
2017-08-31-japan
(C) Getty Images
31日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が行われ、日本代表はオーストラリア代表と対戦した。

■W杯最終予選 日本 2-0 豪州

日本:浅野(41分)、井手口(82分)
豪州:なし

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 第9戦が31日に行われ、日本代表は埼玉スタジアム2002でグループB3位のオーストラリア代表と対戦した。試合は日本が2-0でオーストラリアを下し、1998年のフランス大会から6大会連続でのW杯出場を決めた。

ロシア行きの切符を懸けたW杯アジア最終予選。グループBの日本は8試合を終えて勝ち点17の首位に立っている。2位サウジアラビア、3位オーストラリアとの勝ち点差は1で、この試合に勝てば6大会連続のW杯出場が決まる。なお、前日の試合で2位のサウジアラビアが4位のUAE(アラブ首長国連邦)に敗れたため、日本はオーストラリアに敗れた場合でも9月5日のサウジアラビア戦を引き分け以上で終えれば、W杯出場を決めることができる。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は先発メンバーに、GK川島永嗣、DF酒井宏樹、昌子源、吉田麻也、長友佑都、MF長谷部誠、井手口陽介、山口蛍、FW浅野拓磨、乾貴士、大迫勇也の11名を選んだ。

最初のチャンスは日本。14分、左サイドでボールを持った乾がカットインから左足シュート。カーブのかかったボールが相手ゴールを襲ったが、惜しくも枠の左へ外れてしまった。

さらに16分、CKの流れから左サイドの井手口が右足からクロスを入れると、ファーサイドの浅野がヘディングで合わせたが、ここは右ポストを直撃。得点にはつながらなかった。

その後はオーストラリアの時間が続く。39分、ペナルティエリア手前でボールを持ったマシュー・レッキーがカットインから右足シュート。吉田がなんとか足を出してコースを変えたボールは右ポストを直撃。日本はピンチを間一髪でしのいだ。

41分、左サイドの長友が右足でクロスを上げると、最終ラインの裏に抜け出した浅野がダイレクトで合わせた。ボールはゴール右に決まり、日本が先制に成功した。このまま1-0で日本がリードして前半終了を迎えた。

後半立ち上がりも日本の時間が続く。57分、大迫がロングボールを受けると、乾へパスをつなぎ、日本のカウンターになる。乾がドリブルでペナルティエリア内に進入し、左足シュートを狙ったが、ここはDFのブロックに遭ってしまった。

1点を追うオーストラリアは61分にジェイムズ・トロイージを下げてトミ・ユリッチを投入。さらに70分、トム・ロギッチを下げてティム・ケーヒルを投入した。一方、日本は75分に乾を下げて原口元気をピッチに送り込んだ。

日本はその後も縦に速い攻撃からチャンスを作る。77分、原口が左サイドからドリブル突破。ペナルティエリア左横からマイナスのボールを送ると、ファーサイドの井手口がワントラップからシュート。しかし、ここはトレント・セインズベリーが体を張ってゴールライン手前でブロックした。

苦しい時間が続く中、チーム最年少・21歳の井手口が日本を助ける。82分、原口が粘ってボールをつなぐと、ボールを受けた井手口が相手DFをかわして右足ミドルシュート。これがゴール右上隅に決まり、日本が貴重な追加点を奪った。

このまま日本が2-0で逃げ切り、6大会連続のW杯出場を決めた。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる