日本代表、新ホームユニフォームを発表!勝利への魂で染め上げた“勝色”をまとってロシアW杯へ

コメント()
日本代表の新ホームユニフォームが発表された。10日のブラジル代表戦から着用する。

2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨む日本代表の新ホームユニフォームが発表された。ユニフォームは10日のブラジル代表戦から着用する。

アディダス ジャパン株式会社によると、サッカー日本代表ホームユニフォームのコンセプトは勝利への魂で染め上げた“勝色”(かちいろ)。アディダスオンラインショップにて、6日18:00より先行発売を開始する。

2017-11-06-daihyo04.jpg

日本の伝統色である深く濃い藍色を意味する“勝色”。武将たちが戦いに挑む際に身にまとった、鎧下と呼ばれる着物に使われる藍染の生地において、最も濃い色とされた由来がある。深く濃い藍を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていた。

この伝統的な“勝色”をホームユニフォームのベースカラーに採用することで、藍染というジャパンブルーの原点に立ち返り、ロシアW杯にてサッカー日本代表が勝利するイメージを出している。

さらに2018年は、初出場を果たした1998 FIFA ワールドカップ フランスから20年を迎える。節目の年であり、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆる選手やスタッフ、サポーター達の想いを紡ぎ、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められている。

広告

また、Vネック部分のVICTORY RED(ビクトリーレッド)においては、侍の着物の前あわせ部分からインスピレーションを受けた形状に、日本を象徴する日の丸の赤を配することで、世界で勝利を目指す日本を表している。首元の内側に搭載されたサインオフロゴには、過去の5大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わされており、過去20年間で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、真の勝利をもぎ取りに行くという強い意志を表現している。

makino

一般発売は13日0:00より全国のアディダスフットボール取扱店舗にて開始。ホームオーセンティックユニフォーム半袖は14,000円+税(自店販売価格)、ホームレプリカユニフォーム半袖は8,990円+税(自店販売価格)、Kidsホームレプリカユニフォーム半袖は6,990円+税(自店販売価格)で販売される。

次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
次の記事:
「もっと良くならなければ…」ソン・フンミンが辛勝でベスト8進出のチームを鼓舞
次の記事:
行方不明のFWサラに父が悲痛のコメント「絶望している。言葉がない」
次の記事:
元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」
次の記事:
死闘制して準々決勝も、韓国メディアは自国の戦いに辛辣「90分で勝ち切れる相手に…」
閉じる