ニュース ライブスコア
EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ

日本代表、北朝鮮とのE-1選手権初戦の前半をスコアレスで折り返す…GK中村航輔がセーブ連発

20:07 JST 2017/12/09
2017-12-09-japan02.jpg
EAFF E-1サッカー選手権初戦、日本代表は北朝鮮代表と対戦。前半を0-0のスコアレスで折り返した。

9日にEAFF E-1サッカー選手権の初戦が行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦。前半は0-0のスコアレスドローで終了した。

日本はこの試合でスタメンに入ったGK中村航輔(柏)とDF室屋成(FC東京)がA代表デビュー。最終ラインはその室屋に、真ん中は昌子源(鹿島)、谷口彰悟(川崎F)が、左に車屋紳太郎(川崎F)が入った。中盤には井手口陽介と今野泰幸のG大阪コンビに髙萩洋次郎(FC東京)が、前線には今季J1得点王でMVPにも輝いた小林悠(川崎フロンターレ)に、倉田秋(G大阪)、金崎夢生(鹿島)が先発入りした。

試合は、序盤から激しい球際の攻防戦が繰り広げられるも、日本が圧倒的にボールを保持。15分に、今野の縦パスから、金崎がヒールでフリック。これを受けた倉田がゴール前でGKと1対1に。落ち着いて決めてネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定となり、ゴールは認められず。

一方の北朝鮮は27分、キム・ユソンのが強烈なシュートを放つ。これはGK中村が防いだが、そのこぼれ球にリ・ヨンジが頭で押し込む。しかし、これも中村がファインセーブで得点を許さない。

日本は39分に金崎が突破からクロスを供給すると、中に走り込んでいた髙萩が飛び込んだが、惜しくも枠を外れてしまう。結局45分でスコアは動かず、0-0で前半を折り返している。

なお、もう1試合の韓国vs中国は2-2の引き分けに終わっている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。