日本代表、ロシアW杯初戦は6月19日21時に変更…FIFAが試合日程を一部調整

FIFA World Cup 2018 draw
Getty

FIFA(国際サッカー連盟)は1日、ロシア・ワールドカップの抽選会を行った。そしてその直後に試合日程を一部変更したことを発表している。

抽選会の結果、日本はポーランド、コロンビア、セネガルと同組のグループHに。日本の初戦はコロンビアで、日本時間19日24時(20日午前0時)にキックオフ予定だったが、同19日21時のポーランド対セネガルと入れ替わった。

また、グループC第2節とグループF第2節の各2試合もそれぞれキックオフ時間が入れ替わっている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる