“日本の天敵”豪代表FWケーヒルのメンタルを元同僚が賛辞「重要な試合で結果を残す」

コメント()
Getty Images
日本代表にとって“天敵”として知られるオーストラリア代表FWケーヒル。同選手のメンタルは突出したものがあったと、エヴァートン時代の同僚P・ネビルが明かしている。

現役時代にマンチェスター・ユナイテッドとエヴァートンでプレーしたフィル・ネビルが、エヴァートン時代の同僚オーストラリア代表FWティム・ケーヒルについて賛辞を贈っている。『Goal』に対して語った。

P・ネビルは2005年にマンチェスター・Uを退団し、エヴァートンに加入。そこでケーヒルと同僚になり、そのクオリティーの高さに驚いたという。

「私がエヴァートンに移籍した時、ケーヒルから衝撃を受けた。彼はすべての面においてトップの選手ではなかったかもしれない。それでもメンタル面は素晴らしいものを持っていた」

P・ネビルは「彼はユナイテッドでプレーしていても成功しただろう。オーストラリアでも、エヴァートンでも重要な試合で決定的な仕事ができる選手だった」と語り、ケーヒルの勝負強さの秘訣は屈強なメンタルにあったと分析している。

また、一方でマンチェスター・Uで長らく活躍したネビル兄弟の兄ガリーも「彼は本当に厄介な存在だった」と、ケーヒルの対応に手を焼いたと語っている。

日本代表にとっては、2006年のドイツ・ワールドカップを始め、過去に日本から通算5ゴールを奪っていることから、“日本の天敵”としてしばしば注目されるケーヒル。元同僚P・ネビルが絶賛しているように、ケーヒルの大舞台での勝負強さは天性のものがあったようだ。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる