ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

「新FWの加入で将来は闇に包まれた」ジルーがアーセナル退団の理由を説明

12:20 JST 2018/02/21
Olivier Giroud Chelsea
ロンドンのライバルチームへと移籍したフランス代表FWは当初ドイツ行きの可能性があったと話した。

チェルシーのFWオリヴィエ・ジルーは、ピエール=エメリク・オーバメヤンがアーセナルに加入したために退団を余儀なくされたと明かした。

今シーズンの序盤はカップ戦中心の出場にとどまるなどプレー時間を確保できなかったジルーは、今冬にアーセナルを離れ、ライバルのチェルシーに入団。そして、移籍の最大の原因となったのはドルトムントから移籍したオーバメヤンの存在で、これ以上ベンチを温められないとの理由で退団を決意したと『フランス・フットボール』に語った。

「アーセナルでの生活に不満があった。1年半の間、状況は悪いものからさらに悪いものへと変わっていった。このような状況を耐えられなかったし、リザーブの1番手、ましてや2番手のままアーセナルであと数年を過ごそうなんて考えられなかった。新しいストライカーの加入で僕の将来は闇に包まれたような気分になった。プレーを通じてもう一度幸せになりたかったから、決断は至ってシンプルなものだ」

さらに、ジルーは当初、オーバメヤンの代わりにドルトムントに加入する可能性があったと打ち明けた。しかし、3人目の子供が誕生したことで、ロンドンに残ることを決断したと語っている。

「ドルトムントに行くことが一番簡単な解決策だった。アーセナルもドルトムントもハッピーな結末だ。ドルトムントは僕を強くほしがっていてくれていたが、チェルシーととても良い契約を結べたと思う。それに、ちょうどそのタイミングで3人目の子供も生まれたからドルトムントに行くことをやめたんだ。彼を見ないまま4カ月を過ごすことなんてできなかった」

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。