新天地アンデルレヒトで森岡亮太に求められることとは…地元メディアが分析

コメント()
今冬の移籍市場でアンデルレヒトに加わった森岡亮太は、初戦でPKのチャンスをものにすることができなかった。地元メディアの識者は、ベフェレン時代とは求められる役割が異なると分析している。

今冬の移籍市場で、ワースラント・ベフェレンからアンデルレヒトに加わった森岡亮太について、「新天地では本領を発揮するのが難しいのではないか」と懐疑的な見方をする地元メディアもあるようだ。

森岡は4日に行われたジュピラー・リーグ第25節アンデルレヒトvsメヘレンで先発出場を果たした。だが、この試合で森岡はPKのキッカーを務めたものの、チャンスをものにすることができず。試合は2-2でドロー決着となっている。

ベルギーメディア『voetbalnieuws』はアンデルレヒトに加わった森岡について「アンデルレヒトでは本領を発揮できない可能性がある」と報じている。

記事では「新天地で最初に見せたアシストはとても素晴らしいものだった」と伝えつつも、同メディアの編集長ジャックス・シス氏は「(ソフィアン)アンニが去り、森岡がやってきたものの、彼はアンデルレヒトで順応するのに苦労するかもしれない」と指摘した。

「日本のMFはフレシエル(ベフェレンのホーム)である程度自由な権限を持ち、ピッチ上で攻撃のタクトを思う存分振るった。その成功は周知のとおり。だが、ハイン・ヴァーゼブルック(アンデルレヒト指揮官)は選手たちに組織的なサッカーを強いることでも知られる」

ベフェレンでブレイクを果たし、ベルギー国内のトップクラブであるアンデルレヒトに引き抜かれた森岡。ヴァーゼブルック監督は、昨季ヘントで久保裕也を指導したことでも知られるが、果たして森岡は同監督からの信頼を得て引き続き出場機会を与えられるのだろうか。ロシア・ワールドカップのメンバー入りに向け、森岡にとって結果が求められる勝負の後半戦となりそうだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
原口元気&浅野拓磨は次節に向けて「問題なし」…ハノーファー指揮官、選手たちの状態に言及
次の記事:
フランクフルトFWヨビッチ、20歳でリーグ戦史上最年少記録5Gの固め打ち/ブンデスリーガ第8節
次の記事:
オーウェン氏がプレミア初Gの武藤嘉紀を大絶賛「さらなる活躍を楽しみにしている」
次の記事:
ポルティモネンセ中島翔哉が快挙!9月のポルトガルリーグ最優秀選手賞に輝く
次の記事:
ブッフォン、CL決勝でのユーヴェとの対決に拒否反応「元同僚の涙と引き換えの優勝は嫌だ」
閉じる