ニュース ライブスコア
コパ・アメリカ

「接触はあった」アグエロが審判とVARのジャッジを痛烈批判

14:23 JST 2019/07/03
Aguero Brazil Argentina Copa America 02072019

アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、0-2で敗れたコパ・アメリカ2019準決勝ブラジル代表戦の試合後に審判やVARの判定を批判した。アルゼンチンの地元メディア『オレー』が報じている。

アグエロは0-1で迎えたこの試合の71分、ペナルティエリア内でダニエウ・アウヴェスに足をかけられて倒されたように見えたシーンがあったものの、エクアドル人のロディ・サンブラーノ主審はプレーを流し、VARからの通達もなかった。その直後、ブラジルがカウンターから追加点を奪った。アグエロはこのシーンについてこのように語っている。

「ダニ・アウヴェスと接触した感覚があった。そして、直後に相手のゴールが生まれた。フアン(フォイス)はファウルだと思って足を止めていた。VARは『今日までは』うまく機能していた。あのプレーでなぜ確認がなされなかったのか、僕には分からない」

一方で、今大会のアルゼンチン代表については次のように評価した。

「チームがこれまでにしてきた努力には満足している。この試合では、それ以前の試合よりも改善が見られた。ブラジルはいいプレーはしなかったと思う。2ゴールを決めたけど、いずれもカウンターからだ。そのうち1点は議論を呼ぶ形での得点だ」

また、チームの未来についてはこのように語っている。

「若い選手たちは代表の未来を担う存在だ。冷静にならなければならない。これから変革がスタートするだろう。彼らのことを信頼したい」

▶コパ・アメリカ観るならDAZNで。!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です