“戦士”と愛される酒井宏樹…マルセイユ指揮官も賛辞「多くを要求しすぎるのは良くないが…」

コメント()
(C)Getty Images
サポーターから“戦士”の愛称で親しまれる日本代表DFを、ガルシア監督も称賛している。

マルセイユのルディ・ガルシア監督は、DF酒井宏樹を称賛している。公式サイトが伝えた。

ガルシア監督の信頼を確実に掴む酒井。16日のリーグ・アン第21節ストラスブール戦では、コンディションに不安を抱えながらも、本職ではない左サイドバックでフル出場し、チームの2-0の勝利に貢献した。

ガルシア監督は、酒井が13日の前節レンヌ戦(3-0で勝利)以降2日間トレーニングを行えていなかったことを明かしつつ、日本代表DFに賛辞を送った。

「ヒロキについて、攻撃面で多くを要求しすぎるのは良くない。前半で彼を呼んで攻撃プランを伝えた。それ以降は、左足を使えていた。右足ほどは良くないが、率直に言ってうまくやれていただろう」

リーグ戦3連勝を飾ったマルセイユは、勝ち点44で3位に浮上。サポーターから“戦士”と愛される酒井は、フランス紙『レキップ』が選ぶ前節のベストイレブンにも選ばれている。日本代表DFは、フランスの地で着実に自身の価値を高めている。

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる