慌ただしい夏を過ごすローマ、リヨンからゴナロンを獲得...移籍金は破格の6億円

コメント()
Gettyimages
長年リヨンに在籍していたゴナロン。ローマは今夏4人目の新戦力として同選手を獲得した。

ローマは、リヨンに所属するMFマキシム・ゴナロンを500万ユーロ(約6億円)で獲得したことを発表している。

28歳のゴナロンは、ローマと4年契約を締結している。フランス代表として7試合に出場した同選手は、リヨンの下部組織出身で、2009年にトップチームデビューを飾って以降、長期にわたって同クラブでプレーしていた。

ゴナロンは「(スポーティングディレクターの)モンチやコーチと話し合った後、迷いはなくなった。何も問題はなく、すぐさま合意に至った。新しい冒険が始まるのを待ちきれない」と移籍が決まった喜びを語っている。

モンチがローマのスポーティングディレクターに就任して以降、リック・カルスドルプ、エクトル・モレノ、ロレンツォ・ペレグリーニに次ぐ4人目の補強に成功。その一方で、主力のモハメド・サラーをリヴァプールに、レアンドロ・パレデスをゼニトに売却している。

閉じる