悲願の3冠達成へ...アッレグリは冷静「選手には目の前の試合に集中して欲しい」

コメント()
Getty Images
マッシミリアーノ・アッレグリ監督が、今シーズンの展望を語った。

コッパ・イタリアの記者会見に出席したマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、3冠達成の可能性がある今シーズンの展望を語っている。

首位ナポリを勝ち点差4で追っているユベントスだが、アッレグリはセリエAのタイトルレースはシーズン終盤まで終わらないと予想している。

「シーズンが終わったとき、順位表の一番上にいたものが勝者となる。現在は2チーム(ユヴェントスとナポリ)がセリエAのタイトルを争っているが、そのどちらもがチャンピオンになる可能性がある。土曜日にラツィオと戦って、それからまだ12試合も残っているんだからね」

現在コッパ・イタリア3連覇中のユベントスは、今年もタイトルを取れば前人未到の国内カップ4連覇を達成することになる。イタリア人指揮官はコッパ・イタリアの連覇記録の重要性を認めつつも、一戦必勝の心構えで目の前の試合に臨む必要があると考えている。

「(28日に控えている)コッパ・イタリアのアタランタ戦もセリエAと同じくらい重要な価値を持っている。歴史を紐解いても、かつてコッパ・イタリアを4連覇したチームは存在しないからね。まずはアタランタとの試合に集中すべきだ。ラツィオ戦についてはその後考えればいい」

ユベントスは、足首のケガで戦列を離れていたゴンサロ・イグアインが復帰するなど、首位ナポリ追走に向けて戦力が整いつつある。

セリアA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグで優勝の可能性があり、「我々は歴史を作る大きなチャンスを手にしている」と発言したアッレグリだが、悲願の3冠を達成することができるのだろうか。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
またしてもプレミアから中国に流出か…アルナウトビッチの広州恒大行きが浮上
次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
次の記事:
香川真司の去就もついに決定?ドルトムントSD、戦力整理について「話を進めているところ」
次の記事:
日本が参戦するコパ・アメリカのポット分けが発表…組み合わせ抽選会は24日に開催予定
次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
閉じる