徳島、名古屋FW杉本竜士の完全移籍での加入内定を発表…昨季J2で17試合に出場

コメント()
©J.LEAGUE
徳島ヴォルティスが名古屋グランパスFW杉本竜士の完全移籍での加入内定を発表した。

徳島ヴォルティスは28日、FW杉本竜士が名古屋グランパスより完全移籍で加入内定したことを発表した。

東京ヴェルディの育成組織出身の杉本は2012年にトップチームへ昇格。2013年に当時JFLに所属していたFC町田ゼルビアへの期限付き移籍を挟んで2016年まで東京Vに在籍。その後、昨シーズンより名古屋に加入し、明治安田生命J2リーグで17試合に出場していた。

移籍にあたり杉本は名古屋を通じて「僕のユニフォームやフラッグを持って練習場に来てくださった皆さま、本当に申し訳ありません。グランパスサポーターの皆さまの熱い声援はグランパスの大きな力です。その声援に何度も何度も助けられました。これからもどうか熱い声援でグランパスを後押ししてください。グランパスの飛躍を願っています」とコメント。

移籍先の徳島を通じては「少しでもチームの力になれるように日々全力で精進します。応援よろしくお願いします」と抱負を語っている。

なお、杉本は徳島で14番を背負うことも併せて発表されている。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
2018シーズン Jリーグの試合日程・放送予定まとめ
2018シーズンのJリーグをテレビの大画面で楽しむ方法とは?
開幕直前!DAZNでJリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン明治安田生命Jリーグ
徹底解説!Jリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン 明治安田生命Jリーグ
2018シーズンJリーグの大会概要まとめ-賞金やACL出場権、降格・昇格条件など
Jリーグのチケット購入方法とは?2018シーズン Jリーグのチケット情報まとめ

次の記事:
サッリが“世界最高の1人”アザールを称賛も「チェルシーのリーダーではない」
次の記事:
南野所属ザルツブルク、攻撃陣流出続々…センターFWに続き2列目の有望株も夏の移籍が決定
次の記事:
元バルサDFが日本でイニエスタと再会?ウルグアイ代表カセレスに神戸行きの話が浮上
次の記事:
「多くの解説者が日本優位と予想するが…」ベトナム指揮官がジャイアントキリングに自信
次の記事:
重傷者が相次ぐアーセナル…エメリは今冬の補強を望む「1人か2人の選手を…」
閉じる