復帰後初ゴールの磐田MF山田大記、ブーイングで迎えられて「サックスブルーの血が騒いだ」

コメント()
J.LEAGUE PHOTOS
途中出場ながらファーストタッチで復帰後初ゴールを決めた山田大記。静岡ダービーへの思いとゴールシーンを振り返った。

14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節で、ジュビロ磐田は清水エスパルスとの静岡ダービーを制し、4試合無敗とした。追加点を挙げた山田大記が試合を振り返った。

敵地・アイスタでの決戦となった静岡ダービー。山田は「ブーイングで迎えられて、サックスブルーの血が騒いだ。バスで着いた瞬間から『絶対やってやるぞ』という思いは持ちながら。個人的にもすごくそういう思いが強かった」とダービーへの強い思いを明かした。

交代出場後、ファーストタッチで復帰後初ゴールを決めた山田。「こういうプレッシャーの掛かる、盛り上がるダービーで、もちろんラッキーな形ですし、どちらかというと3点目なので、勝利に直結するゴールではなかった」と話しながらも、「すごく嬉しかったですね。サポーターが喜んでくれたのもそうだし、あの歓声、ああいう瞬間のためにサッカーをやってる」と初ゴールの余韻に浸る。

ゴールシーンについては「最初、足元でボールを受けたかったんですけど、あれがファーに上がった時には、もしかしたらシュートミスで流れてくるか、打ったこぼれ球がくるか、来たらいいなとは思っていた。そうしたらちょうど来たので良かった」と振り返った。
「名波さんから『どんどん行って、どんどん打っていけ』と言ってもらっていたので、そういうことを意識しながらプレーできた。そのアドバイスのおかげです」と名波監督への感謝の言葉も惜しまなかった。

自身の状態については「ちょっとずつコンディション的には良くなってますね。まだまだですけど」と語りつつ、「やっぱり点を取れたっていうのが、今後プレッシャーを感じていかないという意味では良かった。ゼロと1は全然違うので。もちろんここから重ねていきたいですけど、とにかく1点目っていうのは結構大きい」と得点の重要性を説いた。

山田の加入でチームはさらなる競争が激化するかもしれない。「もちろんチームの競争どうのこうのより、自分が試合に出たいっていうのもあるし、自分がそうやっていいプレー、コンディションを上げていってレギュラー陣を脅かす存在になっていくというのは、個人的にも、チームとしても、すごくいいことかなと思うので、そこはやっぱり狙っていきたいですね」とギラギラとした表情で意気込んでいた。

▶Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる