広島が永井龍を松本から獲得!同じく松本から期限付き移籍中のL・ペレイラとも期間延長

最終更新
(C)J.LEAGUE

サンフレッチェ広島は26日、FW永井龍(28)が松本山雅FCから完全移籍で加わることを発表。また、同じく松本から期限付き移籍加入しているブラジル人FWレアンドロ・ペレイラの移籍期間を延長することを発表した。新たな期限付き移籍期間は2020年2月1日から2021年1月1日まで。

セレッソ大阪でキャリアをスタートさせた永井は、パースグローリーFC(オーストラリア)や大分トリニータへの期限付き移籍を経験し、2016年にV・ファーレン長崎に完全移籍。その後、名古屋グランパスを経て2018年から松本に加わり、今シーズンは明治安田生命J1リーグ27試合3ゴールを記録していた。

永井は、広島加入に際してクラブ公式サイトを通じて「サンフレッチェ広島というチームの一員になれたことをとても光栄に思います。1試合でも多く試合に出て、1点でも多くゴールを取り、チームの勝利に貢献できるように努力します。よろしくお願いします」と挨拶している。

また、L・ペレイラは母国クラブのモジミリンでプロ生活を始め、バルメイラスやシャペコエンセなど複数のクラブを渡り歩く。松本へは今年から加入していたが、8月に広島への期限付き移籍を決断。今シーズンは、松本でJ1リーグ12試合2ゴール、広島で9試合4ゴールを挙げている。

L・ペレイラは、「サンフレッチェ広島と契約更新できてとても嬉しく思います。クラブ関係者、ファン・サポーターの皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。来シーズンも自分のベストを尽くし、仲間と共にサンフレッチェ広島に大きな栄光を与えられるようにしたいです」と契約期間延長を喜んでいる。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です