川崎F、怒涛の反撃も無得点…C大阪1点リードで前半終了/ルヴァンカップ決勝

コメント()
Getty Images
JリーグYBCルヴァンカップ決勝、前半はセレッソ大阪の1点リードで終了した。

JリーグYBCルヴァンカップ決勝が4日に行われ、セレッソ大阪と川崎フロンターレが対戦。前半が終了し、1-0でC大阪がリードしている。

試合は開始1分、バウンドしたボールをエドゥアルドが処理を誤ってしまう。このミスを逃さなかった杉本健勇がボールを奪い、そのまま持ち込み電光石火の一撃。冷静にゴールへ沈めてC大阪がいきなり先制点を奪取した。

その後、開始早々出鼻をくじかれた川崎Fは17分、スルーパスに抜け出したエウシーニョが、PA右から強烈なシュートを放つも、これはGKキム・ジンヒョンにセーブされてしまう。

さらに25分、家長昭博と三好康児のコンビネーションから最後は小林悠がトリッキーなフィニッシュを試みるが、C大阪はDFが足を伸ばして阻止する。さらに43分、家長のラストパスを受けた中村憲剛が強烈なシュートを放ったが、これは惜しくも枠外に。川崎Fが押し込む展開も、C大阪は分厚い守備で最後の最後で阻止。前半はC大阪の1点リードで折り返した。

どちらが勝ってもクラブ史上初タイトルとなる一番。後半に川崎Fが追いつくのか、それともC大阪がリードを広げるか。片時も目が離せない戦いとなった。

次の記事:
アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か
次の記事:
「これからもPSGとともに…」カバーニ、チェルシー行きが報じられるもフランスで幸せと強調
次の記事:
“ヴェンゲルの子供達”による指揮官対決!ヴィエラ、盟友アンリとの対戦に「奇妙な感覚」
次の記事:
CLベスト16で対戦する蘇ったマンチェスター・Uを警戒も…カバーニが自信「僕たちだって良くなっている」
次の記事:
名将カペッロ氏が明言「インテルは100%、ユヴェントスのライバルになる」
閉じる