川崎F・中村憲剛「適正な距離でいる時間帯は多くなかった」…臨機応変が必要と力説

コメント()
(C)J.LEAGUE
川崎フロンターレMF中村憲剛が、チームの課題を挙げた。

「『あーあ、ハマってるな』みたいに思いながら“取りあえず知念”みたいな。あれじゃ知念もしんどい」

そう語るのは、川崎フロンターレMF中村憲剛だ。

川崎Fは14日、明治安田生命J1リーグ第8節でベガルタと対戦してスコアレスドローに終わった。前半は、1トップの知念慶にボールを預ける戦術に終始。有効な攻撃を仕掛けられずに終わった。

知念は前半限りで交代。FW大久保嘉人が投入され、主導権をつかんだように見えたが、適正な距離感をためてた時間帯は少なかったと語る。

「サイドチェンジをしたくても、センターと(同サイドの)ウイングにしか出せない場面があった。ちょっと下がって引き出すとか、そういうことも必要だと(車屋)紳太郎には話しましたけど。構造上、うちはサイドバックが空くのだから、そこでいかに数的優位を作るかを、みんながどこまで考えてやれていたのか。みんな近すぎたり、遠すぎたり、適正な距離でいる時間帯は多くなかった。そうすると、相手はハメやすい。自分がフリーになった時、どうやって動くかを考えなければいけない」

さらに「もっと自分たちでアクション起こして崩さなきゃいけない」と語る中村。具体的には「後ろで時間というか、ビルドアップでアイデアを出せる時間が必要」だと話す。その一方で、川崎Fのサッカーが研究され、サイドにも人が付くなど、大きく蹴るように仕向けられたことも事実だ。

「それならば、前で勝負させるという方法もあるけど、こっちは高さがない。特に後半は(大久保)嘉人が入って高さはないのだから、動かしてケアすればいい。もちろん、相手もケアしてくると思いますが……。こちらがボールを保持できれば相手を押し込めるが、相手が保持すると押し込まれてしまう。後半のように、こちらがボールを持てるようになれば、前半のように押し込まれることはなくなる。相手にボールを保持されると、アキ(家長昭博)とアベちゃん(阿部浩之)がサイドでしんどくなる。それはしんどいから、もうちょっと何とかしなければいけない」

川崎Fは、これでリーグ戦4試合勝ちなし。試合中、臨機応変に修正できる力が必要になると、中村は語気を強めた。

閉じる