ニュース ライブスコア
日本

岡崎慎司、若手の活躍に「悔しい気持ちもしたけど、それがスタンダード」

10:10 JST 2017/09/03
170901_daihyo_okazaki
岡崎慎司がサウジアラビア戦の意気込みを語りつつ、日本代表の現在地について言及した。

日本代表FW岡崎慎司が、改めてサウジアラビア戦へ向け強い意欲を語った。

すでにオーストリアを下したことで本大会への切符をつかんだ日本代表。それでも岡崎は、サウジアラビア戦で勝利に加えて内容でも十分なパフォーマンスを見せることが重要だとしている。

「今回の試合はサウジが突破を決めようと死に物狂いで来る試合だし、自分たちもそのくらいの気持ちがないと相手には勝てないと思います。むしろワールドカップへ向けてすごく大事な試合になるんじゃないかと思うので、そういう相手に対して自分たちが勝っていくっていうのが一つの段階として必要な部分だと思うので、勝ちにこだわりたいし、内容にもこだわっていきたいと思います」

また、オーストラリア戦では浅野拓磨や井手口陽介といった若きサムライが躍動。岡崎は悔しさも味わったと話しながら、日本代表が正しい道を歩んでいると感じているようだ。

「今回の予選は若い選手のおかげで勝つことができたと思います。世界的に見ても、若い選手がどんどん出てきていて、日本も遅れを取らずに予選を若い選手を含めて勝っていけたっていうのはすごい大きかったと思うし、自分もそこでベンチを温めることになったので、悔しい気持ちもしましたしけど、そういう意味ではそれがスタンダードだと思います。自分もやっぱり試合に出続けなければ代表に呼ばれない状況になってきているので、競争もそうですけど、これが普通の高いレベルでの競争だと思うので、すごくありがたいことだと思っています」

さらに、ワールドカップで選ばれるだけではなく、選ばれた選手が結果を出す必要があるとも力強く語った岡﨑。ワールドカップでは過去2大会でゴールを挙げている岡﨑だが、さらなる自分自身の向上のため成長を誓った。