岡崎慎司、吉田のリーダーシップに期待「もともとキャプテンの雰囲気あった」

コメント()
©Getty Images
日本代表は28日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・タイ代表戦に向け、トレーニングを行っている。27日の前日練習後、FW岡崎慎司が記者団の取材に応じた。

日本代表は28日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選でタイ代表と対戦する。

前日練習を終えたFW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)は、タイの印象について「今までの予選も負けてはいますけど、善戦していて勝てそうな試合もあった。そういうチームに対して自分たちがアグレッシブに戦えるのかがポイントになってくる」と分析する。

チームを率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、就任以来“縦に速いサッカー”を掲げてきた。戦術面については「コンパクトに引いた状態からでも、自分たちが速い攻撃を仕掛ける意識はすごく高くなってきている。今までの『ポゼッションしながら攻撃していく』という一つの強みだけじゃなくて、引いてカウンターというところも意識はできていると思います。もっと成熟すれば、アジアだけじゃなくて世界に対しても違う強みを出していけるんじゃないかな」とチームの成熟を感じている。

一方で直近の日本代表では、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)やFW大迫勇也(ケルン/ドイツ)、FW久保裕也(ヘント/ベルギー)ら、若い世代のストライカーたちが躍動している。ポジション争いは激化しているが、「本当に日本代表として頼もしいと思うし、自分が同じFWとして参考になることもいっぱいあるんで、一緒に成長していければいい。刺激をもらっているんで、自分も出た時には同じようにそういう強い気持ちを持って試合に臨んで行きたい」と刺激を受けていると明かし、「ワールドカップに行きたいという思いは本当に強いんで、そういう思いを出していければいいと思います。自分に関してはゴールしか求められてないと思うので、そこに強い思いを持って明日の試合に臨んでいきたい」と改めて意気込みを語った。

最後に、アラブ首長国連邦(UAE)戦でMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)に代わってキャプテンマークを巻いたDF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)については「あの時たまたまキャプテンだっただけなんで(笑)」と冗談を交えつつ、「もちろん(キャプテンを)やれるだけのクオリティは持っていますし、もともとキャプテンをやっているような雰囲気はあったんで、これからもやってくれると思います」と引き続きリーダーシップを発揮することに期待を寄せた。

Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる