岐阜、元ニュージーランド代表FWを完全移籍で獲得…オークランド・シティで昨季クラブW杯に出場

コメント()
Getty Images
FC岐阜はオークランド・シティFCよりFWライアン・デ・フリースが完全移籍で加入することを発表した。

FC岐阜は17日、ニュージーランドのオークランド・シティFCよりFWライアン・デ・フリースが完全移籍で加入することを発表した。

南アフリカ出身、ニュージーランドに国籍を持つデ・フリースは1991年生まれの26歳。2013年から所属していたオークランド・シティでは、FIFAクラブワールドカップにも出場経験がある。昨季のニュージーランド・フットボールチャンピオンシップでは6試合で10ゴールを記録。2015年にはニュージーランド代表に選出されている。

クラブはデ・フリースの特徴を「パワーとスピードを兼ね備えたストライカー。得点能力が高く、技術も優れた選手」と説明。182cm・82kgの恵まれた体格を生かしたプレーでゴール量産を狙う。

岐阜加入にあたりデ・フリースは「日本でプレーする機会、私と私の家族が日本で生活できる経験を与えてくれた、大木監督をはじめFC岐阜の皆様に感謝しています。FC岐阜の一員として、ファン・サポーター、チームメイト、スタッフの方々と強い絆を築けるよう全力でチームに貢献していきたいと思います。みなさん、よろしくお願いします」と感謝の言葉を述べつつ、活躍を誓っている。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
シャビのお眼鏡に適う選手は…「バルサにも合う。複数のポジションで世界最高になる」
次の記事:
首位通過懸けたウズベク戦、日本代表は先発を大幅入れ替え…10番乾がロシアW杯以来の出場
次の記事:
マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし
次の記事:
神戸が2019シーズンの背番号を発表!ビジャは7番、山口は5番に決定
次の記事:
レアル・マドリー、バルサ、チェルシーでエリクセン争奪戦か…契約は来季終了まで
閉じる