完勝のマンチェスター・U、モウリーニョはポグバを絶賛「MOMに興味はないが…」

コメント()
Getty Images
アシストを記録するなど好プレーを見せたフランス代表MFを指揮官が称えた。

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ボーンマス戦のポール・ポグバはマン・オブ・ザ・マッチに値すると称賛した。

18日にマンチェスター・ユナイテッドは敵地でボーンマスと対戦。この試合に先発で出場したポグバは、1-0で迎えた70分にロメル・ルカクのゴールをアシストするなど、2-0の勝利に貢献した。

今シーズン、ポグバはパフォーマンスが一貫性に欠けると多くの批判を浴びてきた。モウリーニョ監督も1月に公然と批判するなど両者の関係性は冷めきっていると報じられていたが、この試合で圧倒的なパフォーマンスを見せたフランス代表MFを『BTスポーツ』で称えた。

「ポール・ポグバはこの試合で大活躍だった。マンチェスター・シティ戦でも飛び抜けたプレーを見せ、今日もとても、とても良いプレーをしてくれた。私はマン・オブ・ザ・マッチに興味はあまりないが、今日のポグバはそれに匹敵する活躍だった」

前節最下位のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに不覚を取るも、この試合で完勝したマンチェスター・ユナイテッドは、21日にFAカップ準決勝でトッテナムと対戦する。この試合に向け、モウリーニョ監督は「ピッチに立った全選手がポジティブなプレーを見せて、土曜日の試合に起用できることをアピールしてくれた」と言及。

「無駄なフェイントやターン、タッチがなく、シンプルにプレーできていた。それに、責任を持ってプロフェッショナルとしての見本となるパフォーマンスに終始し、強い信念を持って戦えていた。優先すべき目標であるトップ4確保に大きく近づけ、私はハッピーだ」

閉じる