宇佐美貴史のレンタル認めたアウクスブルクSD「クオリティには何の疑いもない」

コメント()
Getty Images
移籍市場閉鎖1日前に期限付き移籍が実現。関係者がコメントしている。

FW宇佐美貴史が、アウクスブルクからブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフへ1年間のレンタル移籍をすることが決定した。各公式サイトで関係者がコメントしている。

かつてボーフム、1860ミュンヘンなどで指揮を執り、乾貴士や大迫勇也を指導した経験を持つフォルトゥナ・デュッセルドルフ指揮官、フリードヘルム・フンケル監督は宇佐美の移籍に際して、このようにコメントする。

広告

「宇佐美貴史は秀でた技術を持っており、そして素晴らしいドリブラーでもある。また、25歳という若さで、すでに日本とドイツで200試合以上に出場している経験を持っている。ただし、継続的な出場に慣れるまでに、少し時間を与えていくことが必要だ」

また、宇佐美のレンタルを許したアウクスブルクのマネージング・スポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏は、宇佐美の成長を確信しているようだ。

「我々は宇佐美貴史のクオリティに何の疑いもない。そして彼がフォルトゥナで実戦経験を積み、成長のための新たなステップを踏めると信じている」

閉じる