好セーブ披露も3失点の川島永嗣、アシストの酒井宏には「シュート打てたんじゃないの?」

コメント()
(C)Goal
マルセイユ戦で先発した川島永嗣。アシスト記録の酒井には“注文”も?

メスに所属する日本代表GK川島永嗣が、マルセイユ戦後に試合や酒井宏樹との日本人対決について語った。

メスは29日、リーグ・アン第15節でマルセイユと対戦。川島は4試合ぶりにゴールマウスを守った。マルセイユのDF酒井宏樹も先発したため、リーグ・アンでは初となる日本人対決も実現したが、川島は淡々と試合を振り返る。

「自分たちも本当に後がない状態なんで、勝つことだけを考えて臨みましたけど、結果的にこういう結果なので難しいかな、とは思います。自分たちは試合開始からマンツーマン気味でいきました。組織で守らないといけないところと、向こうのほうが技術が高いし、個で簡単にやられる部分があったので。アグレッシブにいけた部分もあるし、かなり難しいゲームだったと思います」

1失点目のフロリアン・トヴァンのシュートには触れながらも外に弾き出すことはできず、「打ってくると思って狙ってはいました。コースも良かったんでちょっとは触ったんですけど、外までは弾きだせなかったです」と悔やむ。それでも1試合を通して好セーブを披露し、やれることを続けるだけと先を見据えた。

「ずっと言っていることですが、自分は自分がやれることをやり続けるしかないし、それを形にしていくしかない。こうして負けが続いて気持ち的には厳しいし、ポジション争いもあるので、いろいろな意味で難しさはありますけど、自分がこうして試合に出たときには、結果につなげるようなプレーをするしかないし、それを目指してひとつ、ひとつ、というか。ゲームの中でも1本1本やるしかないのかな、と」

また、試合後には酒井と話をして「シュート打てたんじゃないのか?」と、語ったことも明かした川島はこうも続ける。

「シュートを打てるチャンスが2個くらいあったから、打ってもいいんじゃないかなと思いました。来るかな、と思って。打てる距離だったし。逆に打ってもよかったんじゃないかなって」

広告

現在勝ち点4で最下位に沈むメス。イージーなミスを減らして失点をなくしていくことが大事と、川島は改善点を語っている。

「正直、シーズン初めからそんなにぐちゃぐちゃなわけではないですけど、ただやっぱり、ほんのちょっとしたところで、安易なところだったりとか、今日の失点もそうだし、自分たちのどうでもいいミスから失点することも多いし、そこは減らしていかないといけないと思います」

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ロイス、バイエルンへの移籍を断固否定「絶対にない。約束できる」
次の記事:
アザール、レアル・マドリー移籍を決心か…思いは強く契約延長を拒否と報道
次の記事:
関根貴大、シント=トロイデンで昨年9月以来の実戦に「徐々に進んでいく。ここからがスタート」
次の記事:
モラタ、アトレティコ入りに同意…移籍実現へ残る障壁は?
次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
閉じる