大迫所属のケルン、シュトゥットガルトからFWを獲得…昨季は2部で25ゴールをマーク

コメント()
ブンデスリーガの最下位に沈むケルン。後半戦に向けて補強を開始。

日本代表FWの大迫勇也が所属するケルンは20日、1月の移籍市場に向けて、シュトゥットガルトからFWシモン・テロッデ(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとなる。

ケルンは先日のブンデスリーガ第17節ヴォルフスブルク戦に1-0で勝利を収め、ようやくリーグ戦初白星を挙げた。依然として最下位に沈む同クラブだが、2部降格が濃厚と見られる中、補強に乗り出した。

ケルンが確保したのは、昨季2部で25ゴールをマークし、シュトゥットガルトの昇格に大きく貢献したテロッデ。今シーズン、1部ではその決定力を発揮できず、出場機会を失いつつあった。また2009年から2年間ケルンの2軍に所属していた同選手は、古巣に復帰する格好だ。

テロッデはケルンの公式ウェブサイトを通じて「素晴らしい2年間を過ごしたケルンに戻ることをとても喜んでいる。ケルンではプロキャリアをスタートし、(本拠地の)ライン・エネルギー・シュターディオンでプレーする特別な気持ちを知っている」とコメントしている。「もちろん、後半戦に僕たちを待っているタスクはとてもタフになるだろう。だが、僕たちは残留を目指し、すべてを出し切って見せるつもりだ」と意気込みを示した。

なお、テロッデの背番号は「9」に決定した。現在肺炎で離脱中の大迫だが、年明けからポジションを争うことになるかもしれない。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バルベルデ、メッシの負傷離脱に「プレーアイデアは保ちたい。だが不在を痛感するはず」
次の記事:
セビージャ監督マチン、バルサ戦のパフォーマンスに胸を張る…敗因は「テア・シュテーゲン」
次の記事:
先制点お膳立ての堂安律、バー&ポスト直撃シュートなど存在感発揮も…フローニンゲンは勝利ならず
次の記事:
ラージョ戦先発が予想されたヘタフェ柴崎岳、結局は起用されず…5試合連続で出場機会なし
次の記事:
伊藤達哉、先発で違い見せるも途中交代…HSVはスコアレスドローで4戦負けなし
閉じる