大迫勇也の離脱が大きな痛手に?ケルン指揮官は嘆き、戦術変更を示唆

最終更新
コメント()
(c)Getty Images
大迫の離脱によって、ケルンは戦い方の変換を迫られることになりそうだ。

ペーター・シュテーガー監督とチームメートが日本代表FW大迫勇也の離脱を嘆いた。地元紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』が報じている。

大迫は23日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦で負傷した。ケルンに戻り精密検査を受けた結果、左ひざ関節包の負傷が明らかとなり、4月1日から8日にかけて行われるブンデスリーガ3連戦の欠場が決定的となった。シーズン後半戦、4ゴール4アシストを記録するなど好調を維持していただけに、戦線離脱はチームにとって大きな痛手となりそうだ。指揮官は以下のようなコメントを残している。

「彼の離脱はもちろん残念だ。調子が良かったからね。ポジションを代わりに埋められる選手はいるが、別の戦い方が必要になってくるかもしれない」

チームメートのマルコ・ヘーガーも「ユウヤは絶好調だった。彼の離脱は痛い。中盤と攻撃のつなぎ役として素晴らしいプレーを披露していたからね」と、大迫の不在を嘆いた。

チームに欠かすことのできない存在になっていた大迫の離脱は、ケルンの戦い方を一変さてしまうかもしれない。シーズン終盤の戦いに向けて早期復帰が望まれる。

ブンデスリーガのライブ&オンデマンドを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
横浜FMがH・ヴィエイラ、ブマルの契約満了を発表「長くプレーしたいと思えたチームを離れるのは辛い」
次の記事:
「1年前なら負けていた試合」ミラン指揮官ガットゥーゾ、トリノと引き分けでも前向き
次の記事:
残留の磐田、社長交代が内定…今季16位、PO出場の崖っぷちもJ1の座を死守
次の記事:
メッシ、ハメス、グリーズマン…コパ・リベルタドーレス決勝観戦にスター選手らが集結
次の記事:
タイトルへあと一歩と迫った仙台、渡邉晋監督の続投を発表「大きく分厚い壁に挑戦する」
閉じる