大迫勇也が求めるゴール前での存在感「敵味方どっちからも注意されるように」

コメント()
大迫勇也がケルンでの今季を振り返った。課題を語りつつ、来シーズンどのような飛躍を自身に求めているか口にしている。

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が、改めて今シーズンの戦いを振り返った。

日本代表は、キリンチャレンジカップ2017と2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選に向けた海外組合宿の3日目を迎えている。大迫は負荷が高い合宿となっていることを認めつつも、「ケガすることが一番ダメなこと」と話して調整しつつこなしていく必要があるとした。

また、ケルンでの今季を改めて総括した大迫は「やっぱり得点ですよね」と切り出し、このように続ける。

「ゴール前のところでもう少し存在感を出すと言うか、敵味方どっちからももっと注意されるようなプレーをしていかないといけないかなと思います」

また、来年のロシア・ワールドカップでは前回大会とは異なり、チームの中心選手として臨むことが予想される大迫。しかし、「外の声を気にしてもしょうがない」と話し、積み重ねが重要だと地に足を着けた。ピッチの中で自身の力を証明すると語った大迫が日本代表にとって頼もしい存在であることは間違いない。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる