大迫不在で臨むモンゴル戦の起用は…森保監督「色々な選択肢を考えながら」

コメント()
©Goal

日本代表は10日、カタール・ワールドカップアジア2次予選でモンゴル代表(FIFAランク183位)を埼玉スタジアム2002を迎える。試合に先立って同会場で前日会見が行われ、日本代表の森保一監督が出席した。

日本は9月の2次予選初戦でミャンマーに2-0で完勝。雨や劣悪なピッチ状態に悩まされながらも、上々のスタートを切った。今回、10月のインターナショナルマッチウィークでは10日にモンゴルと、15日にアウェイでタジキスタンと対戦する。

今回発表されたメンバー23選手は、海外組が史上最多の20人を招集した一方で、国内組は過去最少の3人となった。そのなかでも森保ジャパンで絶対的なエースとして地位を確立する大迫勇也(ブレーメン)が、ケガのため10月の2連戦は招集されなかった。

前日会見で森保監督は、大迫不在について問われると「これまで戦ってきたべースは見るが、色んなシステムや選手が変わることで連係や立ち位置が変わったりすることも起こり得る」と話し、「攻撃で色々なバリエーションを使って堅い守備を崩していく、アイデアを複数持って崩せるように賢くハードに戦いたい」と臨機応変な戦いを進めていく構えを見せた。

特に海外組は直近でリーグ戦を消化しているメンバーも多いが、森保監督は「今のところはメディカルからの報告でコンディションが悪い選手はいない」と明かしながらも選手起用については「これからトレーニングで選手の動きをチェックする。どうするかは決まっていない。起用に関しては色々な選択肢を考えながらこの2戦を戦えれば」と話すにとどまった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる