「大きなテスト」吉田麻也がレベルアップのカギと語る強豪ブラジル・ベルギー2連戦

コメント()
Getty Images
サウサンプトンに所属するDF吉田麻也が、ブラジル、ベルギーとの2連戦へ意気込みを語った。

日本代表は10日にフランスのリールでブラジル代表と、14日にベルギーのブルージュでベルギー代表と国際親善試合を戦う。サウサンプトンのDF吉田麻也は強豪との戦いへ意気込みを語った。

「世界トップレベルの選手たちに対してどれだけできるか、この2試合で大きなチャレンジになる」と欧州遠征への意気込みを語る吉田。

対戦するブラジル、ベルギーともに世界のトップレベルの選手たちが控える。特にブラジルはネイマール、ベルギーはロメル・ルカクやエデン・アザールといったタレントを擁する強豪国。吉田は警戒する選手を挙げ、守備での対策を口にする。

「ネイマールに限らず、ウイリアンもだし、ベルギーだったらアザールとか、(ケヴィン)デ・ブルイネとか。時間を与えると何でもできてしまうので、個の戦い方もそうですけど、チームとしてどれだけスペースと時間を与えないで90分できるかが大事。そこをどれだけこまめにポジションを修正してやるか、集中力を欠かないかだと思う」

「レベルが高くなればなるほど競争が激しくなる」と引き締まった表情で話す吉田は、自身のプレミアリーグでの経験を踏まえて、そういったレベルの高い環境が「個人とチームを大きく育てる」と考えている。

「自分がもう一個、プレミアリーグでも一個二個レベルアップできるか、カギになってくると思うんで、僕にとっても大きなテストになる」

日本にとってはW杯に向けた大切な試合となるが、吉田は平常心を崩さない。「僕はいつもと同じことをするだけ。ブレてはチーム自体が成り立たないと思うので、やるべきことは変わらない」と冷静に応じていた。

次の記事:
イングランド代表での時間を楽しむサウスゲート「名誉に思うし、特権的ポジション」
次の記事:
「優勝候補だが期待以下」韓国紙が森保ジャパンを酷評…サウジとは「大きな差はない」
次の記事:
日本代表、アップセット狙うサウジと負けられない戦いへ。スペイン紙が選んだキープレイヤーは…
次の記事:
“難敵”サウジを警戒するも…原口元気は大一番に向けて自信「いつも通り一番良い準備ができた」
次の記事:
「チャンスをしっかりと得点に…」予選で個人的な不満を募らせる南野拓実がサウジ戦へ意気込み
閉じる