「夢のような関係だ」グアルディオラ、“ビッグ6”との直接対決全勝のチームに感謝

コメント()
Getty Images
マンチェスター・シティの指揮官は、最高の関係を築く選手とスタッフに感謝を述べている。

マンチェスター・シティにジョゼップ・グアルディオラ監督は、選手と「夢」のような関係を築けているとし、スタッフにも感謝を述べている。

16日に行われたプレミアリーグ第18節で、ホームにトッテナムを迎えたマンチェスター・C。14分にCKからMFイルカイ・ギュンドアンのヘッドで先制すると、その後さらに3ゴールを追加。終了間際に1点を返されたが、プレミア“ビッグ6”との直接対決で4発快勝を収めた。

この勝利で、マンチェスター・Cの連勝は「16」に。リーグ新記録を更新し続けており、2位のマンチェスター・ユナイテッドとの差は暫定で14にまで広げた。

圧倒的な強さで勝利を積み重ねるチームだが、指揮官は選手と「夢」のような関係を築けていると感じているようだ。

「我々はお互いに信頼しあわなければならない。選手たちが意見をくれた時、私は彼らを信頼する。私が意見を出した時、選手たちは従ってくれる。これは監督にとって夢のような関係だ」

「タイトルを獲ることは重要だが、私はこれが最重要なものであると信じているし、最高のプレーをするには必要なことだと思っている。疑いの余地はない。選手が自分を信じて従ってくれるということは、最高の贈り物だね」

リーグ戦16連勝は、グアルディオラ監督にとってバイエルン・ミュンヘンで達成した19連勝に次ぐ記録だ。46歳のスペイン人指揮官は、チームスタッフのサポートがあってこその成功だと誇っている。

「誇りに思うよ。今は謙虚にならなくても良いだろうね。コーチ陣は本当に働いてくれている。良いプレーヤーと良いスタッフの支えがなければ、これは不可能だった」

これで今季前半戦の“ビッグ6”との直接対決を全勝で終えたマンチェスター・C。選手と監督が「夢」のような関係を築くチームは、どこまで連勝を伸ばすのだろうか。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる