堂々日本代表デビューのMF長澤和輝「1対1でもう少し戦えれば」と反省

コメント()
(C)Getty Images
安定したプレーでベルギー相手にも“戦えていた”長澤。しかし、反省点を口にする。

日本代表デビューを果たしたMF長澤和輝が、ベルギー戦後にフラッシュインタビューに応じた。

日本は14日、ベルギーと親善試合で対戦。惜しくも0-1で敗れたものの、先発出場した長澤は存在感を放った。

長澤は「前回のブラジル戦が1-3で負けてしまって入りが良くなかったので、そこを改善しようと思ってやりました」と話す。

続けて、「ベルギーは個の能力が高いので、1対1のところでもう少し戦えれば」と反省し、「相手が準備できていないときに前半チャンスがあったので、決めきれれば」とも語った。

最後には、「代表として集まるのが来年の3月になるので、全員が成長してもっといい状態で集まれればと思います」と先を見据えた。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる