ニュース ライブスコア
明治安田生命J2リーグ

名古屋GK楢﨑正剛、J1復帰に感慨「J1で常に上位を争うようなクラブであるべき」

23:00 JST 2017/12/03
2017-12-03-nagoya-Narazaki_Seigo
J1昇格プレーオフ決勝、名古屋グランパス対アビスパ福岡は0-0で引き分け。試合後、J1昇格が決まった名古屋のGK楢崎正剛が胸中を語った。

J1昇格プレーオフ決勝が3日に行われ、豊田スタジアムでは名古屋グランパスとアビスパ福岡が対戦した。試合は0-0で引き分け。規定によりシーズン順位で上回る名古屋のJ1昇格が決まった。試合後、名古屋のGK楢崎正剛が胸中を語った。

90分間、ベンチから戦況を見つめていた楢崎は「昇格を1年で決めなきゃいけないって、常にそれを頭に置いて過ごしてきた。プレーできる、できないはありますけど、それはさておき、結果はしっかり出せたので良かったと思います」と感慨を述べ、「クラブ自体は、J1で常に上位を争うような存在であるべきだと思う。そこに戻ることができたのは良かった」と続けた。

「(リーグ戦で)3位になれたことは本当にアドバンテージになった。ホームでやれたし、ちょっとラッキーだなと。でも、自分たちの力でもあるし、サポーターの力でもあると思う。みんながそうやって喜べる舞台が整ったのは、サポーターのおかげだと思います」とファンへの感謝を口にする。

この大一番でピッチに立てなかった悔しさについては「それはもちろんあります」としつつ、好セーブも披露してゴールマウスを守ったGK武田洋平のプレーには「ウォーミングアップから集中はしてたと思いますし、それでいて緊張感もちょっと見れた。それでも一番最初にしっかりキャッチできたのを見て、大丈夫なんじゃないかって自分でも思ったし、タケチン(武田)もそう思ったんじゃないかな」と目を細めた。

来季以降への意気込みについて聞かれると、「自分の心と身体が整えばまだまだ頑張りたいなと思います。とりあえず昇格に向けての戦いがいま終わったとこなので、またゆっくり考えなきゃいけないと思っています」と話すにとどめた。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。