名古屋FW佐藤寿人、自動昇格が遠のく敗戦を悔やむも「どんな形でもJ1に戻る」

コメント()
(C) J.LEAGUE PHOTOS
明治安田生命J2リーグ第41節、名古屋グランパス対ジェフユナイテッド千葉は0-3で名古屋の敗戦。試合後、名古屋のFW佐藤寿人が悔しい敗戦を振り返った。

明治安田生命J2リーグ第41節が11日に行われ、豊田スタジアムでは名古屋グランパスとジェフユナイテッド千葉が対戦した。試合は0-3で名古屋の敗戦。試合後、名古屋のFW佐藤寿人が悔しい敗戦を振り返った。

ホーム最終戦を勝利で飾れず、自動昇格の席も遠のいてしまった名古屋。佐藤は「悔しい気持ちしかないです。たくさんのサポーターが最高の雰囲気を作ってくれたのに、その期待に応えられなかったのが悔しいです」と率直な思いを語る。

「ジェフが良かったと思いますし、ジェフは(自分たちの)サッカーをやりきった。グランパスはグランパスのサッカーをやりきれなかった。こういう相手に対して、今シーズンは自分たちの良さを出し切れていないので、そこが課題だと思います」とゲームを総括した。

名古屋が敗れ、4位のアビスパ福岡が引き分けたため、ナイターを戦うV・ファーレン長崎が勝利を収めた場合、名古屋の自動昇格はなくなる。だが、「どんな形でもJ1に戻るという結果を出していきたい。本来であれば、今日勝って2位で最終戦を戦いたいという希望がありましたけど、全て自分たちでやってきた結果なので。悔しい思いは次の勝利のエネルギーに変えていければ。まだ終わりじゃないですから」と佐藤はあくまでも前を向く。

「とにかくグランパスを愛するみんなで笑顔でシーズンを締めくくれるように。それを意識していきたいです」と、サポーターと喜びを分かち合うことだけを考えている。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる