ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

名古屋グランパス、レバンテより豪代表GKランゲラックを獲得…ドイツでは香川ともプレー

15:59 JST 2018/01/14
2018-01-14-nagoya-Mitchell_Langerak
名古屋グランパスにオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックが完全移籍加入する。

名古屋グランパスは14日、元オーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックがレバンテUD(スペイン)より完全移籍で加入すると発表した。

ランゲラックはオーストラリア出身の29歳。2007年にメルボルン・ビクトリーFC(オーストラリア)でプロデビューを果たすと、2010年にドイツ・ブンデスリーガへ移籍。ドルトムントII、ドルトムント、シュトゥットガルトを経て、2017年にレバンテへ移籍した。ドルトムントでは香川真司のチームメイトとして活躍し、オーストラリア代表としては国際Aマッチ8試合に出場経験がある。

ランゲラックは名古屋の公式サイトを通じ、「はじめまして。ミッチェル ランゲラックです。 ミッチと呼んでください! このような機会をあたえていただき、ありがとうございます。今は日本へ来られてとてもワクワクしています。 日本・名古屋の環境、名古屋グランパスがビッククラブであることを香川真司選手やケネディ選手から聞いていました。ひとつでも多くチームの勝ち点に貢献できるよう誠実に頑張ります。 リーグ開幕が待ち遠しく、いち早くファン・サポーターの皆さまに会えることを楽しみにしています」とコメントしている。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。