吉田麻也、首位マンチェスター・Uに敗戦もポジティブ…指摘する問題は?

コメント()
(C)Getty Images
惜しくもユナイテッドに敗れたサウサンプトン。しかし、吉田はポジティブに受け止めている。

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也は、マンチェスター・ユナイテッド戦後の敗戦にもポジティブな印象を持っているようだ。クラブ公式サイトが伝えた。

サウサンプトンは23日、プレミアリーグ第6節で無敗のマンチェスター・Uと対戦。吉田は2試合連続の先発出場を果たした。試合前の時点で、得点数トップのユナイテッドを相手に、吉田がどのような戦いぶりを見せるのかにも注目が集まっていたが、ロメル・ルカクの一発に沈み、0-1で敗れた。

それでも、吉田は試合後に「失望はしていますが、ロッカールームはポジティブな雰囲気でした」と話し、このように続ける。

広告

「後半は首位のチーム相手に多くのチャンスを作っていましたからね。昨季終盤からあまりゴールが取れていないのは問題です。それには批判的でないといけません。でも守備はよりアグレッシブで良くなっています」

さらに、「ユナイテッドは2つのチャンスで1ゴール奪った。トップのチーム相手にはこういうことが起こります」と、相手の勝負強さには舌を巻いた。しかし、「重要なのは次のストーク戦で勝つこと」と、吉田の視線はすでに前を向いている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる