吉田麻也先発のサウサンプトン、先制点を守りきれずクリスタル・パレスに逆転負け/プレミアリーグ第22節

コメント()
Getty Images
プレミアリーグ第22節でサウサンプトンはクリスタル・パレスと激突。先制点を守りきれず、サウサンプトンは逆転負けを喫している。

■プレミアリーグ第22節
サウサンプトン 1-2 クリスタル・パレス

得点者
サウサンプトン:ロング(17分)
クリスタル・パレス:マッカーサー(69分)、ミリボイェビッチ(80分)

現地時間2日、プレミアリーグ第22節サウサンプトンvsクリスタル・パレスが行われた。この試合で吉田麻也はキャプテンとして先発出場している。

勝ち点20で15位に付けているサウサンプトンにとって、17位(勝ち点19)クリスタル・パレスとのホーム戦は勝ち点3が奪取が使命と言える状況。

試合は序盤から両チームともに決定機が生まれる展開となり、最初にゴールネットが揺れたのは17分のことだった。ジェレミー・ピエのパスを受けたシェーン・ロングがゴール右スミにシュートを決めて、サウサンプトンが1点を先行する。

その後もライアン・バートランド、ドゥサン・タディッチらがシュートを放つも、サウサンプトンは追加点を奪うことができず、1-0で試合は後半へ突入した。

だがここからクリスタル・パレスが徐々に盛り返す。69分、ゴール前の混戦からジェームス・マッカーサーが1点を返し、試合は1-1の振り出しに戻る。80分にはルカ・ミリボイェビッチがボックス内で冷静にシュートを決め、クリスタル・パレスが逆転に成功する形に。

試合をひっくり返されたサウサンプトンは反撃を仕掛けるが奏功せず、ホームで1-2の逆転負けを喫してしまった。

敗れたサウサンプトンはこれで9試合リーグ戦で勝利から遠ざかる形になり、勝ち点20のまま変わらず。一方で逆転勝ちのクリスタル・パレスは勝ち点を22に伸ばし、暫定で14位に浮上。吉田麻也所属のサウサンプトンにとっては、残留争いにライバルに対し手痛い逆転負けとなってしまった。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる