吉田麻也、サウジ戦というチャンスに喜び「成長するための大きな財産になる」

コメント()
“消化試合”ではあるサウジアラビア戦だが、吉田麻也は選手や指揮官にとっても貴重な舞台となることを語った。

日本代表DF吉田麻也は、サウジアラビア戦で温存される可能性もありながら、楽しみだと感じているようだ。

吉田はロシア・ワールドカップアジア最終予選で全試合にフル出場し、突破に大きく貢献。すでにサウジアラビア戦は消化試合とも呼べるが、吉田は大きなチャンスになりうると考えているようだ。

「すごく良いスタジアムでピッチも良いですし、なかなかこんだけ中東で良いスタジアムでやれるっていうのはないし、相手は本気なので、こういう経験ができることはなかなかないかなと。僕も含めてすごく大きなチャレンジになると思います。新しい選手も何人かトライすると思うし、こういう経験ができるのはすごく成長するためにいいチャンスじゃないかなと思います」

また、緊張感のある一戦で新たな組み合わせを試すことができるのは選手、監督にとって大きな財産になると語っている。

広告

「こういうシリアスな試合を経験できることはなかなかないと思うので、大きな財産になると思うし、そこでテストができるっていうのは監督にとっても選手にとっても物凄くいいものになると思います。僕が出るにしても、出ないにしても、出なければ外から見て新しいヒントを得られる可能性もあるし、出ればいつも通りやるだけです」

すでに来年のワールドカップへ準備は始まったと強調する吉田。負けていい試合などないとして、サウジアラビア戦でも勝ち点3を狙いに行くことを誓った。

「オーストラリアの試合が終わった時点でワールドカップの準備は始まっています。ワールドカップに向けての準備という意味でも一つもムダな試合はないと思うので、明日の試合からその準備の第一歩だと思ってプレーしなきゃいけないですね。みなさんオーストラリアの試合は負けられない大事な試合だとおっしゃっていましたけど、代表でプレーする以上、負けていい試合は一つもないので、明日も勝ちに行くだけです」

閉じる