吉田麻也が考える日本代表に足りないもの「闘莉王さんも言ってましたけど…」

コメント()
(C)Tomoo Aoyama
ブラジル戦でも見え隠れした日本代表の課題。吉田が指摘する。

日本代表DF吉田麻也が、ベルギー戦を前にチームに必要なことが何かを語っている。

日本は14日、強豪ベルギーと対戦する。吉田にとっては、ロメル・ルカク、ケヴィン・デ・ブライネといったプレミアリーグでしのぎを削るスターとマッチアップすることになるが、「一人ではみんな止められない」と苦笑いを浮かべてこう続ける。

「もちろん個のメンツを見たら、どのポジションでも僕らより上のレベルが高い選手が揃ってるんで、やっぱり僕らは彼ら以上にハードワークしなきゃいけない」

吉田はブラジル戦でも“ハードワーク”が足りなかったことを認める。

「ブラジル戦もちょっとそこが足りなかった。南アフリカ(ワールドカップ)の前も(田中マルクス)闘莉王さんとか言っていましたけど、やっぱり差があるってことは、そこの差を埋めていかなきゃいけない。もっとガムシャラに死に物狂いでやっていかないと。1回だけじゃなくて2度追い3度追いして、前の選手が行かなきゃいけないし、後ろの選手ももっと体を張らなきゃいけないだろうし、そういうガムシャラさがちょっと足りないんじゃないかなと感じているので、そこも試合前に付け加えておきたいなと思います」

ベルギー戦ではハードワークによるプレスで、日本の武器とする速攻は見せられるのか注目が集まるところだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる