史上最高の呼び声高いグティ率いるレアル・マドリーのユースチーム、コパ優勝で今季三冠を達成

コメント()
アトレティコとの決勝を4−1で制す。

元スペイン代表MFグティ監督が指揮するレアル・マドリーのフベニール(U-19)の勢いが止まらない。同チームは25日のコパ・デル・レイ決勝アトレティコ・マドリー戦を4-1で制し、今季3冠を達成している。

グティ監督が率いるレアル・マドリーのフベニールは今季の地域リーグ及び、スペイン地域リーグの王者による大会コパ・デ・カンペオネスを制しており、同クラブのカンテラ“ラ・ファブリカ(工場)”史上最高のチームと称されているが、コパ・デル・レイのタイトルをも手中に収めた。

レアル・マドリーのフベニールはこのアトレティコとの決勝で、オスカール、アルベルト、トニ、セサール・ヘラベールが得点を記録して地元のライバルを打ち破った。グティ監督率いるチームが今季取り逃がしたタイトルはUEFAユースリーグのみで、三冠達成はクラブ史上最初のこととなる。

グティ監督は試合後、次のように喜びを表した。

広告

「素晴らしいシーズンになったし、満足しているよ。このチームを誇り高く思う。シーズンを通して団結し続け、その褒賞がこれなのさ。このチームについてはマドリーのスタイルを有していた集団として覚えていてほしい。つまりはいつだって勝利を望み、ピッチ上ですべてを出し尽くす集団としてね。このチームはレアル・マドリーの歴史に残るんだ」

「自分自身のことについて言えば、マドリディスタの一員であること、ここでキャリアを続けられること、若手選手たちを指導できることを誇らしく感じている。マドリディスタとしても監督としても誇り高いよ」

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
横浜FM、ブラジル人FWを期限付き移籍で獲得内定 「この挑戦に全力を尽くしたい」
次の記事:
アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か
次の記事:
鹿島が2019シーズンの背番号を発表…10番は昨季ベストヤングプレーヤー賞の安部裕葵に
次の記事:
リヴァプール、守備陣に故障者続出…20歳のサイドバックも最大で4週間の離脱へ
次の記事:
磐田、ルクセンブルク代表FWロドリゲスを獲得、背番号は11
閉じる