原口元気が考えるベルギー戦勝利の方程式…ポイントは守備

コメント()
守備から攻撃への切り替えでベルギーを攻略したいと話す原口。プラン通りはめられるか。

日本代表FW原口元気は、14日に控えるベルギー戦について攻撃よりも守備が重要なポイントになると語った。

原口はここまでヴァイッド・ハリルホジッチ監督が進めてきた「縦に速いサッカー」については「意識はできてきたし、自然に身体が動く」と話す。一方で、守備に関しては難しさも口にする。

「今回相手のシステムも違うし、うまくコミュニケーション取りながらやらないと、相手のはがす能力も高いので、うまくいかないかなと思います。そこはこの2日間でしっかりやってきたし、試合中もコミュニケーション取りながら。そこがポイントかなと思います」

それでも、原口は「うまくボールを取れるように準備をしてきたつもり」と自信をのぞかせる。どのようなイメージでベルギーを倒すかはしっかりとイメージできているようだ。

「どれだけ粘れるかっていうのは常にポイントにしているし、攻撃力は本当にあると思うので、しっかりやってきた準備を出して、ゼロで行きながら僕らのカウンターで狙っていくような形が出せたらいいかなと思います」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「メッシなしでも競争力はある」バルセロナ会長がCL、クラシコを控えるチームを鼓舞
次の記事:
C・ロナウドを追いユヴェントスへ?マルセロがレアルに移籍志願か
次の記事:
ベルルスコーニ氏所有のモンツァが監督解任…チーム再建へ元ミラン指揮官を招へい
次の記事:
ローマ指揮官、西村所属CSKAモスクワとの2連戦へ意欲「才能ある選手がいるが…」
次の記事:
イカルディ、バルセロナのメッシ不在で「互角になる。クオリティが僕らには備わっている」
閉じる