北海道コンサドーレ札幌MFマセード、母国ブラジルのクラブに完全移籍

コメント()
(C)Getty Images for DAZN
北海道コンサドーレ札幌MFマセードが、ブラガンチーノ(ブラジル)へ完全移籍する。

北海道コンサドーレ札幌は16日、MFマセードがブラガンチーノ(ブラジル)へ完全移籍すると発表した。

マセードはブラジル出身の30歳。2016年に札幌へ加入すると、J2リーグ戦23試合に出場するなど、チームのJ1昇格に貢献する。2017年はJ1リーグ戦15試合に出場。JリーグYBCルヴァンカップには3試合出場して1得点を記録したが、2017年12月に契約満了が発表された。

マセードは契約満了の発表に際し、「J1昇格と残留という大きな目標をチームメイトと共に達成できた事をとても嬉しく思います。チーム加入から今日に至るまで、チームメイトやスタッフ、そして多くのサポーターの支えがあったからこそ、僕は常に100パーセント以上の力でプレーが出来ました。皆さんには本当に感謝しています。本当にありがとうございました」とコメントしていた。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
レアル・マドリー、バルサ、チェルシーでエリクセン争奪戦か…契約は来季終了まで
次の記事:
過熱する移籍先報道に…オランダの俊英MF「決断を急ぐことはないけど、早く終わってほしい」
次の記事:
【LIVEテキスト速報します】森保ジャパン、弾みつけ決勝Tへ!日本代表vsウズベキスタン代表
次の記事:
ベルギー代表MFデンベレの中国リーグ移籍合意が発表…ストイコビッチ指揮の広州富力に加入へ
次の記事:
前レアル・マドリー所属のモラタ、アトレティコへの移籍が間近か
閉じる