ニュース ライブスコア
セリエA

勝敗を分けた判定に不満のリベリ、副審を小突く…リーグ戦出場停止の可能性も?

16:10 JST 2019/10/28
Ribery Fiorentina Lazio Serie A
フィオレンティーナのフランク・リベリが副審に手を出し、問題視されている。

フィオレンティーナに所属する元フランス代表MFフランク・リベリが、27日のラツィオ戦で審判員を突き飛ばし、問題視されている。『Goal』の取材により明らかになった。

フィオレンティーナは27日、セリエA第9節で強豪ラツィオとホームで対戦。22分、MFホアキン・コレアのゴールでラツィオの先制を許したが、その5分後、リベリのアシストからFWフェデリコ・キエーザが同点弾を挙げて追いついた。その後、終盤まで1-1のまま均衡が続いたが、89分、ラツィオDFジョルダン・ルカクのクロスからFWチーロ・インモービレが勝ち越し点をマーク。フィオレンティーナ側は、直前にルカクがFWリッカルド・ソッティルに対してファウルを犯していたとして審判団に抗議するも、得点は認められ、物議を醸す中、試合は2-1でラツィオの勝利に終わった。

75分にケヴィン・プリンス・ボアテングとの交代を命じられると、指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラの采配に不満を示し、すでにいら立ちを隠せなかったリベリ。試合終了の笛が吹かれると、フィオレンティーナの敗北につながった判定に抗議するチームメートらに加わり、副審に対していら立ちをぶちまけた。中継の映像では、副審の胸のあたりを小突き、突き飛ばす姿が確認できる。

リベリの行動については今後、主審の報告書を基にスポーツ裁判所において処分が検討されることになる。リーグ戦数試合の出場停止の可能性もあるとみられており、今後の動向は注目されるところだ。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です