【動画】FC東京MF久保建英がプロ契約後初ゴール…今季2点目を決める/J3リーグ第30節

コメント()
(C)J.LEAGUE PHOTOS
FC東京U-23のMF久保建英がプロ契約後初ゴールを決めた。

明治安田生命J3リーグ第30節が5日に行われ、市立吹田サッカースタジアムではガンバ大阪U-23とFC東京U-23が対戦。この試合でF東23のMF久保建英が今季2点目となるゴールを決めた。

1日に同じくFC東京U-18に所属するMF平川怜とともに、トップチームとプロ契約を締結した16歳の久保。この日はベンチスタートだったが、0-2で迎えた62分、FWリッピ・ヴェローゾと交代でピッチに入る、すると直後の64分、F東23は小川諒也が左サイドを突破し、グラウンダーのクロスを供給。これは一旦相手DFにクリアされるも、こぼれ球に反応した久保建英が左足でシュート。クロス対応のためにGKが前に出ており、無人となっていたゴールにボールが吸い込まれた。久保はプロ選手として初出場した一戦で、早速ゴールを決めてみせた。

なお、試合は4-3でG大23が勝利を収めている。

神奈川県出身の久保は、川崎フロンターレU-10を経て、2011年からFCバルセロナ(スペイン)の育成組織に所属した。しかし、バルセロナが18歳未満の外国籍選手の登録・獲得に関する規則違反を犯したため、国際サッカー連盟(FIFA)から処分を受けることになる。この結果、久保は18歳になるまでバルセロナの公式戦に出場することが禁じられ、2015年からFC東京U-15むさしに所属する。

翌年、FC東京U-18に昇格すると、2種登録選手としてFC東京U-23でもプレー。明治安田生命J3リーグ第28節・AC長野パルセイロ戦でデビューすると、3試合に出場した。今季は、これまでリーグ戦17試合に出場し、J3第5節・セレッソ大阪U-23戦ではゴールを決め、Jリーグ史上最年少得点記録を更新。また、JリーグYBCルヴァンカップでトップチームデビューも果たした。

ユース年代の日本代表にも、しばしば“飛び級”で選出され、今年5月に韓国で行われたFIFA U-20ワールドカップに出場。10月にインドで行われたU-17W杯にも出場し、1得点を記録した。

次の記事:
大迫勇也の状態に言及した森保監督、大幅メンバー変更で3連勝へ「1位突破がオーストラリアを避けるということではない」
次の記事:
「少しの間嫌いになるかもね」アンリ、親友ヴィエラとの指揮官として初対決に意気込む
次の記事:
Y・トゥーレが「ピケの10倍良い」と絶賛する選手は?ベスト11にはなんとアタッカー6人!
次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
次の記事:
アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か
閉じる