【動画】開幕3連勝の新生・山口が台風の目に?3戦4発のFWオナイウ阿道「みんなのびのびやっている」

コメント()
©J.LEAGUE
レノファ山口FCが開幕3連勝と絶好調だ。

レノファ山口FCがJ2で旋風を巻き起こしている。11日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節で栃木SCを5-2で下し、開幕3連勝を飾った。今季浦和レッズから期限付き移籍で加入したFWオナイウ阿道が3試合連続ゴールをマーク。好調の山口で一際輝きを放っている。

2点リードで迎えた前半アディショナルタイム、オナイウは、GK藤嶋栄介からのロングフィードを上手く収めると、DFが寄せてくる前に迷わず左足を一閃。ゴール右隅に突き刺さり山口が追加点を奪取した。

「相手がバランスを崩したときに、逆のほうに行くことができた。シュートは思い切って逆サイドを狙えたので、すごい良い形で入ったと思う」

自信溢れる表情で語ったオナイウは、これで今季早くも4ゴール目。得点ランクトップに躍り出た。

「もちろん点を取ることでみんなからの信頼も少しずつ増えていくと思うので、味方からの信頼も裏切らないように『あいつが点取れば』と思ってもらえるように頑張っていきたい」

後半に入り、4点をリードした山口だったがその後2失点。オナイウも「あんまりボールを触れない時間が多かった」と苦しい時間帯もあったことを認めつつも、終了間際にはダメ押しのPK弾。「常にゴールを意識した結果が、最後ああいう形でゴールにつながったんじゃないかなと思う」と圧巻のゴールショーを振り返った。

「みんなのびのびやっているし、チームとしてそれがすごいいい方向に出ている。それが毎試合あることで、すごい良い結果につながってると思う」

オナイウと同じ新加入のFW高木大輔もこの試合で豪快なバックヘッドを決めて勝利に貢献。結果に満足するのはもちろん、霜田正浩監督に対しても「やっていることに間違いはない。一つひとつに説得力がある」と太鼓判を押す。

オナイウもまた、霜田監督が展開するサッカーを「楽しい。しっかり勝つことにこだわるし、その中でもしっかり内容を求めている」と絶賛。ただ「前半のように相手と同じようなサッカーをしてはいけないと思うし、自分たちのサッカーをちゃんとやらないといけない。それはハーフタイムにも言われましたし。これは今日出た新しい課題なので、それをまた次につなげられるように頑張りたい」と反省点も口にした。

オナイウや高木といった若い世代がイキイキと躍動している。霜田監督を迎え、ガラリと変わった新生・山口がどこまで登りつめるのか、注目だ。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
2018シーズン Jリーグの試合日程・放送予定まとめ
2018シーズンのJリーグをテレビの大画面で楽しむ方法とは?
開幕直前!DAZNでJリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン明治安田生命Jリーグ
徹底解説!Jリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン 明治安田生命Jリーグ
2018シーズンJリーグの大会概要まとめ-賞金やACL出場権、降格・昇格条件など
Jリーグのチケット購入方法とは?2018シーズン Jリーグのチケット情報まとめ

閉じる