【動画】鎌田大地が先発でブンデスデビュー…長谷部もフル出場もスコアレスドロー

コメント()
日本人両選手が先発も試合は引き分けに。

ブンデスリーガ第1節が20日に行われ、フライブルクとフランクフルトが対戦した。

今夏に加わったサガン鳥栖から鎌田大地は最前線でトップとしてスタメン出場、すでにフランクフルトの中心選手に君臨する長谷部誠も3バックの中央で先発した。

この試合最大の見どころは17分。フライブルクが右サイドのクロスからゴールネットを揺らす。しかし、今シーズンから適用されているビデオ・アシスタントレフェリーによりオフサイドの判定。ノーゴールとして試合は再開された。

そして鎌田は63分に新加入のMFケビン・プリンス・ボアテングと途中交代。ブンデスリーガデビュー戦は大きなインパクトを与えることはできなかった。なお、長谷部は最後までピッチに立ち続けている。

試合はそのままスコアレスドローで終了。勝ち点1を分け合うことになった。フランクフルトは次節、26日にヴォルフスブルクと対戦する。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
次の記事:
モウリーニョ本の著者が語るスペシャル・ワン失敗の理由…レアル帰還の可能性も?/独占インタビュー
次の記事:
「頼れる存在がいなくなったことで、今シーズンは違ったチームになる」。内田篤人が語る鹿島、小笠原、そして…
次の記事:
モウリーニョが語る時代の変化…「監督は練習を指導する人間で、規律を守らせる役割ではない」
閉じる