【動画】武藤、DF2枚を翻弄し今季2点目!貴重な追加点をもたらす

コメント()
Getty Images
ブンデスリーガ第5節のホッフェンハイム戦で武藤がゴールを決めた。

ブンデスリーガ第5節が現地時間9月20日に行われ、マインツに所属する日本代表FWの武藤嘉紀がホッフェンハイム戦でゴールを決めた。

武藤は16分、ゴール前でリターンパスを受けると、相手DF2人を翻弄し、角度のない所からゴールを奪った。

なお、武藤にとって、今シーズンの2点目のゴールとなった。

  ▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
「もっと良くならなければ…」ソン・フンミンが辛勝でベスト8進出のチームを鼓舞
次の記事:
行方不明のFWサラに父が悲痛のコメント「絶望している。言葉がない」
次の記事:
元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」
次の記事:
死闘制して準々決勝も、韓国メディアは自国の戦いに辛辣「90分で勝ち切れる相手に…」
次の記事:
プロサッカー選手を目指したボルト氏が“現役引退”「スポーツ人生はこれでおしまい」
閉じる