【動画】柴崎岳が先発でリーガ1部デビュー!ヘタフェは敵地でビルバオに分ける/リーガ第1節

コメント()
1人退場で数的不利になったヘタフェだが、勝ち点1を持ち帰る

リーガ第1節 ビルバオ 0-0 ヘタフェ

20日にリーガエスパニョーラ第1節が行われ、ヘタフェはアスレティック・ビルバオと対戦した。ヘタフェMF柴崎岳は先発出場で72分までプレーしている。

昨季限りでテネリフェ(2部)との契約が満了した柴崎は、この夏ヘタフェに加入した。新天地で背番号10を背負う日本人MFは、リーガ開幕節でヘタフェのトップ下として堂々とスタメンに名を連ねた。

序盤こそビルバオに押し込まれたヘタフェだが、9分に決定機を演出する。セットプレーから、ベルガルが中央でヘディングを合わせる。これはビルバオGKカパが辛うじてかき出した。ボールはゴールラインを割ったかに見えたが、主審は得点を認めず。ゴールを確信していたヘタフェのモリーナは天を仰いだ。

対するビルバオは23分、R・ガルシアのスルーパスにイニャキが抜け出してGKグアイタと1対1に。だがニアサイドを狙ったシュートはポストをかすめて左に外れた。

前半は両者スコアレスのまま終える。後半に入り、最初の決定的なチャンスを迎えたのは、またしてもヘタフェ。60分、ファイサルが蹴ったCKにカラがボレーで合わせ、GKケパを強襲する。

だが66分、ヘタフェは突如として劣勢に追い込まれる。右MFのアルバロが、2枚目のイエローカードを受けて退場に。ボルダラス監督は72分、柴崎に代えてセルヒオ・モラを投入して中盤を補正した。

数的不利と追い詰められたヘタフェだったが、ビルバオのゴール前でのプレー精度の低さにも助けられ、スコアレスドローで貴重な勝ち点1を持ち帰っている。

▶リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
吉田麻也、サウジとの前回対戦は「比較材料にならない」。弱点は「集中力を欠くシーンが多い」
次の記事:
直近4試合ベンチ外も…エメリ、エジル退団を否定。チェルシーとの大一番での起用も示唆
次の記事:
PSGとチェルシーが24歳のアルゼンチン代表争奪レースへ…ともに中盤の人員足りず
次の記事:
ルーニー、ポグバの完全復活は「監督と良い関係ができたから。モウリーニョの時は…」
次の記事:
AFCが日本代表の塩谷司を特集…ウズベク戦スーパー弾は「ハイライトの一つになった」
閉じる